東をどりとは – 歴史と背景

幕末に興った新橋花柳界。徳川贔屓の江戸の中、維新を前に薩長の志士を迎えました。 明治になって彼らは政府の中枢、街は大きく発展します。 芸の一流を街の目標に稽古を重ね芸処となります。京、大坂に在った芸者の歌舞練場に倣って、大正十四年 に新橋芸者の晴れ舞台として建設されたのが、新橋演舞場。 その杮落としは、新橋芸者の公演「東をどり」として初回の歴史が始まりました。

戦火に焼けた演舞場を新橋の精神的支柱として蘇らせようと、昭和 23 年春に「東をどり」は再開しました。 川端康成、吉川英治、谷崎潤一郎など、文豪の書き下ろし脚本の舞踊劇、横山大観、小倉遊亀、前田青邨な ど、一流画家による舞台美術等、新橋花柳界ならではのご縁を頂いて、豪華な舞台は人気を集めました。 また、踊りの名手、まり千代の美しい男姿や、スター芸妓が登場し、公演は大成功。楽屋口には出待ちの女 学生の人垣が出来るなど、ファンが広がって行きました。

芸の新橋は、一流の指導者と何より稽古に励む街の風が支えます。そして、現在では、芸者と料亭がひとつ になり、新橋演舞場が大料亭になる、東をどり。日本の綺麗な芸や粋がそこに集います。

「東をどり」への
いいね ! をお願いします

Twitter で