第九十七回 東をどり – 新橋 花の賑わい –

たくさんのご来場 誠にありがとうございました

おかげさまで 無事 千穐楽を迎えることができました

今後とも倍旧のお引き立てを賜りますよう

新橋一同 よろしくお願い申し上げます

普段は一見お断りで閉ざされた花柳界の扉
年に一度の東をどりがその扉を開きます

舞台には芸者衆の踊り
幕間は料亭が美食と旨酒をご用意

日本を遊ぶ 東をどり 大正十四年から
今年で九十七回目を数えます

令和4年5月21日(土)・22日(日)・23日(月)
各日 三回公演

今回、97回目の東をどりは復活の催し

今回、97回目の東をどりは復活の催し

東京新橋組合 頭取 岡副 真吾

一昨年に始まるコロナ禍により中止となった東をどりは昨秋に「映像の東をどり」と銘打って、前段は大スクリーンを舞台に設えて芸者衆の踊りを映像美として、後段に芸者衆が登場して実際に踊ると云う新しい形に挑みました。それはコロナ禍を受けて感染対策に知恵を寄せた形でした。

そこから約半年となる今回は舞台を通常の形に戻して「新橋 花の賑わい」と題する踊りを準備しています。今回の賑わいの中にはお祭りがあります。身近な神事の本旨は神に降りて来て頂くものです。新橋一同はそこに疫病退散の願掛けて、楽しき祭りをつくります。それは目新しいものではありません。我々の日々の生業、芸者衆の唄と踊りが演舞場の舞台に在って、幕間に料理と旨酒を用意する。そんな当り前こそが幸いと思い至ります。今までにしてきたことを復活して、願い新たなお祭りを見て頂きたくお知らせする次第です。

このリリースを書きながらコロナ禍の終息を見ない今、随分な大風呂敷と笑われるかもしれません。唯、数年の間に不測には慣れてしまったようです。我々が商うものとは遊び、それは時を経て洗練されると文化と呼ばれます。素敵な日本を遊ぶ、それが東をどりならば、暗い顔で後ろ向きではいけません。ここで日本を遊ぶ場の復活を宣言しまして、不測にも対応できるよう準備にあたります。詳細はこの後に記しますがコロナ禍を通じて、復活を期すもの、出来ぬもの、新しきもの、と計画はいくつかに分かれます。どうぞ、ご留意頂いてお目通しの程をお願い申し上げます。

閉じる

第九十七回 東をどり 概要

第九十七回 東をどり 概要

今年の舞台

新橋芸者衆は踊りを西川、花柳、尾上、三流の家元の直弟子となり指導を頂きます。東をどりでは年ごと三流派に順繰りで構成と総合演出を委ねます。今年は西川流の左近先生の担当、事前に東をどりの復活と云う街の想いをお伝えしました。

幕間の楽しみ

復活の東をどりは日本を遊ぶお祭り、幕間には三日限りの大料亭となる演舞場をお楽しみ頂きます。料理、旨酒に酒肴、土産探し、東をどりの演舞場に新橋一同は心込めて皆さま方をお迎えします。

日時

令和4年5月21日(土)~5月23日(月) 各日3回 全9回公演

壱の回 開演11:00~終演12:30
弐の回 開演13:40~終演15:10
参の回 開演16:20~終演17:50

会場

新橋演舞場
〒104-0061 東京都中央区銀座6-18-2(MAP
電話 03-3541-2600
地下鉄「東銀座」「築地市場」駅下車

チケット

桟敷席 10,000円
雪席(1階、2階前方)8,000円
月席(2階後方) 5,000円
花席(2階左、3階) 2,000円

※ 就学前のお子様の同伴、入場はご遠慮ください。

学額

年齢を問わず、日本文化に親しんで頂くよう学生証をご提示頂くと当日券は各席とも半額となります。

※ 学生割引は観劇当日、新橋演舞場切符売場でのみ販売いたします。

前売り

電話: チケットホン松竹(午前10時~午後5時)
0570-000-489 / 03-6745-0888

Web: チケットWeb松竹(24時間受付)

窓口販売

新橋演舞場、歌舞伎座、南座、大阪松竹座(午前10時~午後5時)
サンシャイン劇場(午後 2時~午後5時)

料亭の食

演舞場レストラン「東」でのご提供となります。

【味を競う陶箱 松花堂弁当】6,000円 / 東京𠮷兆・新喜楽・金田中・松山・米村

古の茶人 松花堂昭乗がつくった四つ割りの煙草盆、吉兆の創業者、湯木貞一翁は、そこに向、口取り、煮物、飯を盛り、松花堂弁当と名付けました。ここでは四つ重ねた陶箱を松花堂に見立てます。献立は孫にあたる東京吉兆の湯木義夫、五料亭はそれぞれの持ち味を競い合い陶箱弁当の競宴となります。

* 写真は以前の東をどりでお出しした松花堂弁当です。当日の内容とは異なりますので、ご注意ください。

※チケット購入後に下記でご予約受付けます。

演舞場サービス TEL : 0120-224-117(午前10時~午後4時)

※紹介内容に変更がある場合があります。予めご了承をお願いたします。
※記載料金は、全て税込価格で表記しています。

【酒肴詰合せ 酒肴の折】3,000円 / 東京𠮷兆・新喜楽・金田中・松山・米村・わのふ

松葉串の口取り、笹巻鮨、玉子焼など、酒肴となる料理を折詰めにしました。特設カウンターで受け取って、酒処やレストラン「東」に向かうもお土産にするも自在にお使い頂けます。

* 写真は前回の東をどりでお出しした酒肴の折です。当日の内容とは異なりますので、ご注意ください。

※チケット購入後に下記でご予約受付けます。
※数量限定で当日販売も予定しています。

演舞場サービス TEL : 0120-224-117(午前10時~午後4時)

※紹介内容に変更がある場合があります。予めご了承をお願いたします。
※記載料金は、全て税込価格で表記しています。

酒処 料亭が吟味する日本酒と酒肴の場 

蔵元と料亭がそれぞれに結ぶご縁から、ここだけに顔を出す銘酒もありました。木の香を感じる新桝を片手に、あれこれ選ぶ楽しさがある酒処です。酒肴は折詰の松葉串の口取り、笹巻鮨など、それぞれを小分けにしてご用意します。ご好評を頂いた六料亭の玉子焼の食べ比べも復活します。

泡酒処 ドン ペリニヨンブース

幕間のシャンパンに和洋が重なります。東をどりには洋の一流ドン ペリニヨンがやって来ます。

まねき札 掲示 東をどりご後援 御礼

今回の東をどりでは広く皆さまからの後援をHP上で募っています。銀座百点に右之吉文字がたりを連載中の橘右之吉さんがご後援のた方々の名前を招木札に書いてくれる事になりました。寄席文字の札が紐飾りの大鼓と共に東をど りのロビーを盛り上げます。公演終了時に札は御礼の品になります。

たくさんのご支援、誠にありがとうございました!

感染予防対策

本公演は政府及び東京都のイベント開催制限と、関係諸機関により策定された感染症対策ガイドラインに従い、感染拡大防止対策を講じて開催いたします。具体的な予防対策と販売座席について、チケットご購入前、ご来場前に必ず東をどり公式ホームページ、松竹ホームページにてご確認ください。体調のすぐれないお客様、感染症対策にご協力いただけないお客様には、ご入場をお断りする場合がございます。