第九十六回 東をどり

令和三年三月二十九日

第96回 東をどり 開催延期のお知らせ

五月下旬から秋へと開催を延期して内容の調整をしています

 

年に一度、東京新橋組合の芸者衆と料亭が力を合わせ新橋演舞場で催します「東をどり」へ賜ります皆様方のご協力とご後援に心より感謝を申し上げます。

東をどりは新橋花柳界の芸者衆が日頃、精進して磨きます技芸を披露する場として大正14年(1925年)に始まりました。近年は五月の下旬に演舞場で四日間、10公演を催し、そこには芸者衆の踊りに点茶、料亭は食に旨酒など、花柳界の文化に触れる遊びの場となっていると自負をします。

さて、コロナ禍により中止を余儀なくされた昨年から一年を経て、コロナへの知見は増えましたが未だ根本の解決には至りません。五月の東をどりは、国や都より示された感染拡大の防止方針に照らしますとここでの開催は困難と思い至りました。
唯、コロナに対して何も分からずに中止の判断を下した昨年と違い、一年の間に培う知見を活かせば開催も叶うものと存じております。夏、暑くなり湿度が上がるとコロナが弱まるのは既に経験した事。五月の開催は取り止めますが、敢えて秋へ向けた開催の延期と伝えさせて頂きます。

新橋花柳界は今までを進取の気風で歩んできた街、秋にはこれまでの東をどりらしさをきちんと残した新たな形で開催を目指します。未だ云うには尚早ながらコロナ禍の下の開催への模索は既に始まりました。それは安心、安全を担保した上で中止ばかりの現況を打ち破るものであるべきです。詳しき日程と内容の詳細をお伝えするには未だ時間も必要、しばらくご猶予を頂きたく延期のお知らせをする次第でございます。

想いは同じく、コロナ禍の終息と皆様方のご健勝を合せてお祈り申し上げます。

 

東京新橋組合 頭取 岡副真吾

 


 

大正14年、新橋芸者の芸を発表する場として建てられた新橋演舞場。その開場記念、こけら落とし公演が東をどりの始まりでした。回を重ねて現在、舞台に芸者衆の粋と艶、幕間は料亭の食の競演。銘酒も揃えて日本を五感で楽しむ催しになりました。

東をどりの演舞場は、綺麗でおいしい四日限りの料亭。初夏のひととき、気軽に遠くなった日本の文化を遊ぶ大料亭 演舞場にようこそとお迎えします。


東をどり 遊ぶ・楽しむ料亭文化

 

舞台:一見さんお断りの料亭でしか見ることのできない芸者衆の、粋で艶やかな踊りや芸を見ることができる、1年に1度の貴重 な機会。常日頃ご指導いただく花柳、西川、尾上の三流派から、今回は、四代家元尾上菊之丞が総合構成演出を務めます。歌舞 伎公演、宝塚歌劇団など数多くの作品を振り付ける、菊之丞ならではの華やかな芸者衆の舞台です。

食事:初代が松花堂弁当を考案した東京𠮷兆が提案するひとつの献立を、新橋料亭各軒が、違いを競う会場限定の 陶箱松花堂弁当や、鮨折など、料亭の味を楽しめます。

料亭が推奨する日本酒が揃います。 そして各料亭の味が楽しめる酒肴、玉子焼、笹鮨など ご用意。

極上のシャンパンであるドン・ペリニヨンに、東京𠮷兆よる繊細な和のおつまみを合わせました。東をどり名物、一流の和洋文化のマリアージュをお楽しみいただけます。

芸者衆との記念撮影や芸者衆のお点前と室町後期創業虎屋による東をどり謹製主菓子で抹茶を一服など。

芸者衆が名刺代わりに使っている「千社札」や「東 をどり団扇」銀座の老舗松崎煎餅による「東をどり 煎餅」など東をどり限定品を販売。

2012 年から東をどり会場で続ける東北支援。 福島を中心に日本酒、酒肴、菓子などが並び、東北の出展者が自ら売り場に立ちます。